360足球直播▎官网

图片

公開情報

甲南学園中期計画(2020?2024)について

甲南学園は、2019年4月21日に学園創立 100 周年という大きな節目を迎えました。
そして、2020年3月27日、甲南新世紀において改めて学園方針を定め、2020年度を開始年度とする5ヶ年の中期計画「甲南学園中期計画(2020?2024)」を立案、決定、公開しました(※2021年に大学?高中のビジョン?アクションプランを一部更新)。

<全体像>

全体像

<リーフレット>

リーフレット

甲南学園中期計画(2020?2024)
推進プロジェクト?タスクフォースの取組みについて

部局ごとの取組みに加えて、教職員で構成される組織横断プロジェクト?タスクフォースを発足させ、中期計画の推進および中期計画の3つのスローガンキーワード(「人物教育率先」の進化、世界に通じる「KONANクオリティ」、地域社会と朗らかに「つながる学園」)の実現にむけて以下の取組みを実施しています。

1.朗らかに「つながる学園」プロジェクト
(担当:法科大学院事務室課長 永野 圭佑)

甲南学園の社会的評価(レピュテーション)の向上と、学内外の「つながり」の創出、学内の組織間交流の活発化を目指し、双方向性のある会員制プラットフォーム「KONAN-PLANET」を2021年4月21日に開設しました(2021年9月時点会員数5,133人)。

KONAN-PLANET

卒業生、在学生、地域の方々など多くの方々に、平生フィロソフィーにある「おもしろく、ありがたく」を感じていただくとともに、月1回は甲南学園の情報に触れていただくことで、「甲南人でよかった!」「甲南人っていいな!」と思える瞬間を共有できるように取り組んでいます。

2.KONAN-DXプロジェクト(担当:総務部長 内尾 孝)

「KONAN-DX」をキーワードに、業務の電子化推進により労働生産性および付加価値向上を図り、加えて有事(自然災害?社会災害?パンデミックなど)においてもより安定的に業務運営できる環境を整備することを目指して、以下の3つのタスクフォースの活動を展開しています。

●電子決裁システムの導入と学園グループウェアワークフロー活用タスクフォース(担当:総務課長 天野 裕介)
決裁?回覧文書にかかる実態と市販パッケージシステムの概況を把握し、決裁文書の電子化実現に向けた取り組みを開始しました。

●在宅勤務(テレワーク)環境整備タスクフォース(担当:財務課長 稲岡 猛)
事務職員が有事の際に在宅での勤務を可能とする環境を整備し、併せて2021年3月に「在宅勤務に関する規程」を制定しました。

●オンライン会議システムの導入と会議の ICT 化活用タスクフォース(担当:管財部次長 半田 岳英)
「会議運営と会議室に関する調査」を実施して問題点と課題を把握し、会議室整備計画を立案しました。

<会議の様子>

会議の様子

2021年10月には上記の3つのタスクフォースを「業務DXサブプロジェクト」として集約するとともに、新たに「経営DX」、「教育DX、「研究DX」の3つサブプロジェクトを加え、4つのDXサブプロジェクトからなるKONAN-DXプロジェクトに拡張しました。

3.「KONANクオリティ?プラス」プロジェクト
(担当:経営企画室次長 谷向 豊)

学生本意の教育、親身な学生生活支援、明るく活気あるキャンパス、朗らかなコミュニケーションの実現など、さらに質の高い、学生にとって魅力的な大学にするために、2021年5月からすべての職員組織(部署)が学生支援に関する目標(KONANクオリティの目標)を定め、その実現に向けて取り組んでいます。事務職員の管理職全員がメンバーとして参加し、甲南は「面倒見が良い」と感じていただけるようなプロジェクトを推進しています。

<コミュニケーションマーク>

コミュニケーションマーク

<取組み例①事務室掲示の充実(各部署)>

学生が事務室に入りやすい雰囲気をつくれるよう、事務室の場所や職員からのメッセージをのせた掲示をしています。

取組み例①事務室掲示の充実(各部署)

<取組み例②Wi-Fiガイドの作成(情報システム室)>

学内でのWi-Fiの接続方法を分かりやすくまとめたリーフレットを作成?配布しました。

<取組み例②Wi-Fiガイドの作成(情報システム室)>

<取組み例③職員ネームホルダーのデザインの刷新(人事課)>

職員をより身近に感じてもらえるように、全職員が着用するネームホルダーのデザインを部署名?フルネーム?ロゴ入りに刷新しました。

<取組み例④窓口対応の質向上に向けた取組み(教務部)>

窓口対応の質向上を目指し、よくある相談内容とその対応方法を部内で共有?議論する研修会を開催しています(画像左)。また、「相談後アンケート」を導入し、学生がどのように感じたか確認する仕組みを整えました(画像右)。

取組み例④窓口対応の質向上(教務部)
取組み例③全職員ネームホルダー着用(人事課)

2021年7月には、すべての職員組織(部署)がそれぞれの目標と具体的な取組みをあらわすポスターを作成し、学生のために今後どのような行動をしていくか、改めて宣言しました。
すべての部署のポスターをポスター集としてまとめましたのでぜひご覧ください。

<ポスター集>

ポスター集

※ポスター投票企画について

学生?生徒?保護者の方々を対象としたポスター投票企画(2021年9月14日から実施)は2021年10月31日で締め切らせていただきました。
計987人の方々に延べ2,600票の投票をいただき、結果が確定いたしましたのでお知らせいたします。

<ポスター投票結果(上位6位)>

1位:西宮キャンパス事務室(246票)
2位:教務部(144票)
3位:広報部(142票)
4位:経営企画室(137票)
5位:学長室(133票)
6位:理工学部?知能情報学部事務室(129票)

上位に入賞した部署のポスターに投票いただいた方の中から抽選で甲南オリジナルグッズをプレゼントさせていただきます。当選された方には別途ご連絡させていただきます。ご協力いただきありがとうございました。

また、2021年5月から「チャレンジ?サブプロジェクト」として、所属部課室の枠を超えて職員同士が組織横断チームを結成し、学生支援のクオリティを向上させる取組みを自由に提案?実施できる制度を導入しました。

<取組み例①フードトラックの導入>

岡本、西宮、ポートアイランドの各キャンパスと六甲アイランド体育施設にフードトラックを誘致しました。

取組み例①フードトラックの導入

<取組み例②つなげるカードの導入>

他部署に学生を案内する際に、行き先の部署の場所や担当者名が記載されたカードを渡し、丁寧につなぐ仕組みを導入しました。

取組み例②つなげるカードの導入

4.研究費執行業務効率化タスクフォース
(担当:フロンティア研究推進機構事務室次長 三原 薫)

2020年12月に研究費執行業務効率化タスクフォースを設置し、研究費執行業務の現状および課題の整理を行い、改善策を立案しました。

5.スポーツ強化支援検討タスクフォース
(担当:スポーツ強化支援室課長 中村 圭吾)

2020年11月に、本学のスポーツ強化支援、「人物教育としての甲南スポーツ」のあり方等を含めて、第5期スポーツ強化指定制度を検討するスポーツ強化支援検討タスクフォースを設置しました。約1年間の活動を経て、2021年10月に「KONAN SPORTS VISION」、「360足球直播スポーツ強化支援の基本方針」、「第5期スポーツ強化支援計画」の策定、「KONAN SPORTS強化指定団体制度の設計、「スポーツ推薦入試における募集競技種目及び種目別募集枠に関する協議会」の設置が完了しました。

6.甲南高中将来構想委員会?中高大接続検討小委員会

高等学校?中学校の更なる魅力化を推進するため、2020年10月に甲南高中将来構想委員会を設置し、現状および課題の整理、改善に向けた提言書の作成を行いました。また、2021年4月には甲南高中将来構想委員会の下に、「中高大接続検討小委員会」を設置し、中高大一貫教育について継続的に議論していく体制を整備しました。

甲南学園中期計画ダッシュボードについて

「甲南学園中期計画(2020?2024)」の中で大切にする指標(KGI、KPI)をまとめたダッシュボードを作成しました。ダッシュボードの指標を継続的に確認しながら、大学の「KONAN U.VISION2025」や高等学校?中学校の将来構想も含めた本学園の中期計画全体を推進していきます。

ダッシュボード

関連リンク

公開情報
甲南学園創立100周年
KONAN TODAY